To You

b0106465_21521217.jpg






はぴはぴ



ヴァレンタぃ~ン♪


今年は日曜日で、お「義理」も控えめだと思ったら
バレンタインチョコの特設売り場はどこも
例年通り賑わってて・・・


いいじゃないですか
なかなか浮上しないどんよりした世情が
ひととき、ぱぁーっと華やいで。

景気もぱぁーっと回復してくれるといいのに・・・






そんな今日は
ずっと観たかった "アバター" を鑑賞。


3D映画って、まだそんなに作品数ないと思うんだけど
正直、あんなに完成度が高いとは思ってなくて驚いた。

もっと違和感とか不具合とかあるのかな、って。


すごく自然に入っていけて、あっと言う間に引き込まれた。


( ちょとー 見えないじゃぁーん・・・ )

と、画面を遮っていたのが
前の席の人じゃなくて、劇中の人物の頭の影だったりして。笑


もう、映画館も遊園地だね!




で、
巷で話題になってる作品デスガ・・・


※以下ネタバレ含みます



なんか知らんけど、ずーっと泣いてたわ ワタシ・・・

脚を失なったジェイクが
草原を嬉しそうに走ってるシーンから始まって。


それこそ、"命" あるものへの尊厳が丁寧に描かれていて

何より、
どこぞのお国が宇宙人から地球を救う・・・なんていうお約束なパターンでなく
むしろ地球人こそが傲慢な破壊者、危険なエイリアンであり・・・

っていう視点。

あれをキャメロン氏は14年も前から考えてはったとわ・・・
(…そっか、あの方アメリカンでなく、カナダの方なのね)



「学ぶこと」、(相手を)「知ること」 が
"共存" "共栄" への第一歩、っていう

単純だけれど、とても大切なメッセージが
ベースにある作品でもあるように感じた。





今夜は夢に彼らが出てきそうだな・・・^^
[PR]
by sac21 | 2010-02-14 23:21 | Aria
<< 勿地臣街 聖方済各堂 >>