使命

b0106465_2033572.jpg






命の尊厳





鹿児島に戻して。


"知覧特攻平和開館" にて



b0106465_2034466.jpg




b0106465_20351246.jpg




b0106465_20353622.jpg




太平洋戦争末期に、日本軍が編成した
"特別攻撃隊"

生還の可能性の無い、
体当たり攻撃を実行するための部隊


こちらには
出撃する前の兵士の写真や遺品、
家族に宛てた手紙、遺書などが数千点展示されている。


特攻隊員の中には、
まだ16歳や17歳の少年もいたそうで

出撃前日に撮られた写真には
あどけない笑顔の彼らが写っていた。

皆一様に、
『 いざ、使命を果たす時・・・ 』 というような
晴々とした誇らしげな表情で・・・


何度も志願しているものの、
なかなか入隊できない男性の奥様は

『 "未練"があるからだ 』 と

ご主人の為に
小さなお子さんを連れて
自宅裏の川で自決されてしまったとか・・・


『 今度は、トンボになって生まれ変わりたい・・・ 』

なんていう
自筆の手紙を読ませていただいたりすると

60年以上前に起きていた "戦争" が
ごく身近に、生々しく感じられて

もう、本当に嫌な気持ちになる・・・

ご家族の心情を考えると、やりきれない


自らの命を絶って全うされる
"使命" なんて無いはず。


そして
「 "命" をいただいて生かされてる 」 ってことも
忘れないように・・・

毎日、飢えることなく
お腹が満たされているということにも感謝しないと。


そんなことも考えさせられた
知覧特攻平和会館
[PR]
by sac21 | 2010-12-12 20:39 | 20D + Distagon T* 28
<< 開聞岳 LIKE A DREAM >>