呢啲係拎走嘅

b0106465_0584443.jpg










この冬の寒さも昨日あたりが峠で
これから春に向け、暖かくなるばかりらしい・・・


ほんまかいな^^;
ちょいと疑わしくもあるけれど

もぅ寒いのは のーさんきゅー!(><;)


着るものもキモチも軽くなりたい・・・・・・ 切実




さて、忘れないうちに香港での "食" 備忘録。

今年は行動範囲が狭かったし、
大した新規開拓も無く、リピートのお店がほとんど。


午後便で着いた初日の晩はお手軽に
ホテル近くの "池記" でワンタン麺セット


b0106465_0595660.jpg

去年はスイーツをチョイスしたところを
今回は "通菜" で。

これ、香港ではあまりにポピュラーな
付け合せ惣菜なんだけど、初めて食べてみて
思いがけない美味さにビックリ。笑

想像よりずっと "緑" の味が濃くて、歯ごたえもよし
タレがまた美味で。
お店のメニューにあったらどこでも注文しよ♪



深夜にもかかわらず、
あてにしてたお店がことごとく行列つくってて
寒さに勝てず、テイクアウトで済ませた金曜の夕食

b0106465_104662.jpg

しかも "WHOPPER" は売り切れで
グリルチキンサンドに。

"バーガーキング"
日本では関東にしかないんだよね・・・
それも一度撤退して、また復活したんだとか。



初めての北角を歩いてて
ちょうどお昼時に見つけた手ごろなごはん屋さん

b0106465_111915.jpg

ランチセットが A~J まで10パターンもあるよ・・・
悩むぅ~


結局、Cの "日式和風古列猪扒飯"に。


「日式」 は日本風ってことでしょぉ・・・
「猪」 は豚だからぁ・・・


まぁいいや、いてまえ!



で、出てきたのが

b0106465_12816.jpg

骨付きカツレツのような・・・

これも、かかってるソースが
(和風ではなく)中華な照り焼き風で
見た目よりずっと美味しくって、がっついちゃった。




九龍(旺角)の方にも支店があるらしい
つばめの巣のデザート店 "天毅金燕窩荘"

b0106465_123461.jpg

こちらは天后駅付近のお店
北角から銅羅湾に向かって撮り歩いてる途中
デザートがてらぷらり寄って。

店内には香港の著名人、有名人が来店された際の写真が。

一人ぽつんと店番されてた女性に
定番の、パパイヤの実をくりぬいた中に入ったつばめの巣のシロップを
おススメされ

『 マンゴーが好きなんです 』

と言ったらコチラを出してくれた↓

b0106465_125971.jpg


・・・

地味。笑


"許留山"(ホイラウサン)で、同じような金額で
出てくるつばめの巣が入ったスイーツは
ぱぁーっと華やかなんだけど

どうなんでしょ、他のフルーツが混在してるぶん
あちらは巣の量が少ないのかな・・・


つばめの巣。
毎日、スプーン一杯いただくと
お肌によろしいようで・・・

ビン詰めにされたシロップ状の物も販売してます。
高くて手が出なかったけど><



最後の食事は
チェックアウトを済ませた後、ホテルの和食レストランで。

こちらも、写真付きのランチメニューが豊富。
無性にお刺身が食べたかったけど

万が一、フライト前にお腹の調子が悪くなるのを避けて
ウナギに。


b0106465_133242.jpg


なんでしょ
日韓折衷?笑

ウナギの石焼ビビンパ。

海外の和食屋さんて、たいてい微妙な味だったりして^^;
あまり期待はしませんが

セットの茶碗蒸し・・・
生前、母が作ってくれてた味に似てた。笑 (←どういう意味?)



あ、そうだ
また帰りの便で食べるテイクアウトの麺モノを探して入った
ホテル近くの路地裏にある茶餐廰

まだお昼ちょい前で
店内には地元の常連客らしき1組のご家族のグループだけ

そこで給仕をしてるオジサンがとてもチャーミングで。

カタコトの日本語を話され、親切に応対してくれて。


けっこう年配な方なのに
どうして喋れるのかが、気になる

・・・やっぱり歴史的なことなのかしら、と思ったり。



今度また行こうっと。^^
[PR]
by sac21 | 2011-02-03 01:19 | Aria | Comments(0)
<< 來福 揾 >>