Synchronicity

b0106465_23182143.jpg










4年前に定年退職し
現在は再雇用で働く
職場のHさん

ブサかわ系で(笑)、お調子者
64歳のオジサンだが
中身は小3男子並み (^m^)=3

女性社員にはしょっ中
セクハラまがいの軽口をたたくも
なんだか憎めない愛されキャラ


このオジサン
これまで Luckyだけで生きてきたような
とにかく恵まれた人生なのだ

"出世" こそ縁はなかったものの
別段、自らの努力で成し遂げることもなく

"団塊の世代" の就職期は
折りしも高度経済成長真っ只中

彼もそのご多分にもれず
難なく、倒産も、リストラも (緊張感も) ない
安定企業にもぐりこみ (←?笑)
定年後の保障までされた

後にも先にもお金の苦労はなく

時間と経済的な 「ゆとり」 のあるところは
たいてい、家庭円満。
ウチの職場は彼の他にも愛妻家が多い

おまけに
○○省にお勤めだという
奥様の妹さんの旦那様からの情報で

"地震が起きても絶対倒れない"土地
の上に建てられたというマンションに
居を構えているらしい・・・



「ものは考えよう」 じゃないけど・・・


『 Kちゃん、きっとさ。
 Hさんは前世、広島か長崎の原爆で
 小っちゃい頃に亡くなったんだよ・・・

 だから 
 "今度は苦痛のない人生にしてあげる"
  っていう神様の計らいでさ・・・ 』


・・・って


『 そーでも考えてないと
    やってらんないよねー ^^; 』


なんて
同僚のKちゃんと笑ってたんだけど


そんなやりとりの後ふと
以前 Hさんが


『 真冬でもキンキンに冷えた氷水をガブガブ飲む 』


って言ってたのを思い出して。



・・・はっ! ( ;゜Д゜)



( 被爆して、喉カラカラで苦しみながら亡くなった子?!)


( Hさん生まれたのって、原爆の2年後だよね・・・ )



・・・勝手に "確信" しちゃったりして ^^;



でも。

津波で流されてしまった方々の魂も
こんな風に救われるといいのに・・・

なんて本気で思ったりする。。
[PR]
by sac21 | 2011-07-21 23:23 | Aria
<< Flughafen Frank... Quartetto >>