Bugia pietosa

b0106465_21403293.jpg






映画の話。





b0106465_21411540.jpg

ワンダフルライフ
1999年
監督 是枝裕和
出演 ARATA 小田エリカ
    寺島進 内藤剛志 他




画面にあらわれたのは
死後の世界

でもそれは
三途の川でも、お花畑でもなく

日常生活と何ら変わりのない
ありふれた古い大学のキャンパスのよう

そこにいる "案内人" である職員たちも
聖人でも、命の達人でもなく

彼らもまた過去にこう聞かれた人々・・・


『 あなたの人生の中で 一番大切な思い出は何ですか? 』


人は亡くなった時、
天国の入り口でこんな質問をされる


死者たちはそれぞれの担当者に
自身の人生の出来事をふり返りながら語り

そして、その中のいちばんの思い出が
職員たちによって再現、撮影され
7日後の最終日に上映される




どういう説明の上で撮影されたのか分からないけど
(たぶん)一般の方も何名か死者役として出演されてて

インタビューに応じる場面がものすごく自然で
まるでドキュメンタリーを見てるようだった


役者さんたちも上手くって。

・・・そうそう
当時、俳優としてデビュー間もない伊勢谷さんが
なにげに本名(芸名?)そのままで出てて

お芝居、めっさうまくて面食らった!@@

「セリフ」 ってあったの?て思うぐらい。笑


(たぶん)一般の方で
子供の頃、お兄さんからワンピースをプレゼントされて
箱抱えて小躍りしちゃったっていう
思い出を語ってたご婦人も素敵だったなぁ

あんな可愛らしいおばぁちゃんになりたい・・・




ひとの "たいせつな思い出" って
あったかい・・・

どこまでも
やさしい映画だったなぁ・・・
[PR]
by sac21 | 2011-08-11 21:46 | Aria
<< Venerdi Subconscious >>