Proud of You

b0106465_1861897.jpg



そんなに重い荷物を一手に担い

あたえられてばかりの者を仲間と呼び

傍若無人にはなたれる
不実の矢に背を見せることなく

どこまでもゆるぎなく
在り続ける


ときに
黒く冷たい風が吹き荒れようと

そこは限りない未来と
あたたかい光に満たされている


アナタが魅せてくれる世界 は
いつだって格別だ
[PR]
by sac21 | 2011-11-13 00:00 | Aria
<< Ogni giorno Regarding Henry >>