Killjoy

b0106465_22594066.jpg






親と上司と隣人





・・・「 選べないもの。」 (-ω-)なんつって


そう言えば母親も苦手だったなぁ・・・

"お喋りな男"

声が大きいことを自覚してない人は
ことさらやっかい


生活音の大きな人も然り。

戸の開け閉めや廊下を歩く音

これは四六時中
不機嫌そうな物音を立てていた
実家の父からのトラウマ

(それ、わざとやってんじゃないの?!)

と思わせるほど、いちいち大袈裟で
子供の頃はビクビクしてた



世知辛い昨今は
マンションの管理会社に相談しても

『 部屋を特定すると、後々入居者同士の
  トラブルになりかねない・・・ 』

とかで
直接、当人に連絡するんでなくて
騒音の注意書きを全室に配布するんですよ


そりゃね
殺人事件に至ったりするくらいだから
それはごもっともな対応だろうけども

いかんせん前述した通り
「自覚していない人」 に、やんわり伝えたところで

気づかないんですよ・・・
肝心のご本人が。


職場では解放されたものの
ベッドのサイドテーブルには
"耳栓"が常備された生活が続く・・・(lll-ω-)


そんな神経質なワケでもないんだけどなぁ・・・
隣室、何度か入れ替わりあったけど
前回の方まで全然気にならなかったし

なんだろ
ここんとこ
"雑音の業" でも枷せられてるのかしら・・・(-ω-;)いろんな意味で。


・・・やだわ
正月そうそう、ぼやいてばっかり;

[PR]
by sac21 | 2012-01-11 23:04 | Aria
<< Come over 心想 >>