purification

b0106465_20543050.jpg










あれから4年


あの時は。


まるでこの世の終わりのようだった


何もかも見放されて
ただただ「絶望」を
目の前に突きつけられているような


(こんなことあるんだぁ・・・)って。


4年後にまたこんなふつうの日常生活を送っているなんて
想像もできなかったほど


・・・自分が被災したワケじゃないのにね



毎日、歯を食いしばって
踏ん張って生きている方々の姿を目にすると

甘ったれな自分が恥ずかしくなります




つよくなろう


ちょっとずつでも


昨日より1㎜でも前に進んでいるように
[PR]
by sac21 | 2015-03-11 20:56 | Aria
<< 奇禍のち僥倖 春眠不覚暁 >>